未来の入居者に満足してもらうためにもマンションの修繕工事は必須

SITEMAP

ブランコで作業

賃貸オーナーに人気のマンション修繕工事のプラン

満室経営を目指すためにおしゃれなマンションを新築したオーナーは、12年に1回の割合で修繕工事を忘れずに実施しています。修繕工事を専門業者へ依頼するのが資産価値を維持するための基本ですが、タイル張りのおしゃれな建物の場合には特有の問題もあります。経年劣化でタイルが剥落するケースも多いために、特におしゃれな賃貸マンションの場合には、施工前に十分な点検を行うべきです。
タイル張りのビルやマンションの保守点検に強い業者であれば、修繕工事前に建物の隅々まで丁寧にチェックしてくれるので安心です。一方で標準的な建物であっても、外壁塗装の劣化や金属部分の錆などが生じることが多いです。建物の状態に合わせて適した塗料を選んだり、屋上部分の防水工事に力を入れることが、マンションの劣化を防ぐ最も良い方法です。また築30年を超えるマンションの場合には、建物本体に加えてエクステリアなども総合的に見直す必要があります。
特に敷地の空きスペースを活用して駐輪場を新設するプランは、オーナーと入居者の両方から高く評価されています。更に給水管に錆が発生すると水が濁ることもあるので、修繕工事の時に配管も丁寧に洗浄してもらうべきです。

マンション修繕工事は定期的に行いましょう

マンションを所有している大家さんであればマンション修繕工事についてはある程度ご存知でしょう。しかし必要なことは分かっているが、いつやるべきか?工事内容はどんなものか?費用はどの程度なのか?不明な点は多々あるでしょう。それを記していきます。まず修繕工事はいつやるのかですが、建物の規模等によりますが目安としては築10年~15年で1回、20年前後で2回目といったのが目安です。修繕内容は専門業者へ依頼して状態を確認してもらいますが、屋上の防水や外壁タイルの割れ、給排水設備などです。
特に屋上の防水は対策を行わないと水漏れ等に繋がり遅くなればその分費用も大きくなり時には入居者への保証も発生します。ですので、今は何もなくてもマンションの寿命を延ばすためにも一定期間で修繕工事はしっかりと行わなくてはなりません。
次に費用ですが、国土交通省の発表した相場によると仮に50戸のマンションだとした場合、3,750万円~5,000万円が約31%、5,000万円~6,250万円が約25%、2,500万円~3,750万円が約14%となっております。
この結果から3750万~6250万がおおよその目安となります。この費用をどう捉えるかはそれぞれでしょうが、マンションも人間と一緒で定期的に健康診断をし悪いところは治療することで、長生き出来るのです。しっかりと修繕工事は行いましょう。

マンションは修繕工事をすることで長持ちする

都市部を中心にマンションに暮らす人が増えておりますが、そんなマンションは経年劣化を引き起こしてしまう事から、そこに暮らす人にとってマンションの修繕工事は切り離す事が出来ない問題となっております。マンションの修繕工事は国が定めた建築基準法等に基ずき一定の期間で行う事が必要で、現在は建築から12年から13年目で大規模修繕工事を行う事とされております。
又、外壁の塗装や共同空間の照明機器の交換、建物の錆の補修等は中規模又は小規模修繕工事は日常的に行う必要が有ります。
特に大規模修繕工事になった場合、注目されるのはその修繕工事の費用です。例えばマンション全体の壁塗装工事の場合、そのマンションに居住する世帯数にもよりますが1世帯当たりの負担額は60万円から80万円、更にマンションの外壁がタイル張りの場合にはその修繕工事費は1世帯当たり80万円から100万円にもなるとされており、末永く住み続けたいマンションですがその維持費の負担はそれなりのものになると言えます。
又、この修繕工事を行うに当たってはマンションの修繕工事の専門業者へ依頼する事になりますが、近年では工事の施工と設計管理を同時に行う事が出来る設計管理方式を取る専門業者が人気が有ります。


ビルやマンションの大規模な修繕工事を行っている【株式会社栄光】に依頼してみませんか? ブランコ工法を取り入れているので、リーズナブルな価格で工場を行うことができますよ!